はじめていらした方へ

勝手な感想やらつぶやきを並べているだけですので、お役に立たなくても、怒らないでください。
熱しやすく冷めやすいところが多々ありますので、その辺もご寛恕ください。
結局、本を買い、読むことだけは子供の頃から変わらず、好きなことなんだなぁ〜と、改めて思いました。
たまには、お役に立つ情報もあるかも?程度のお気持ちで、お付き合いいただければ幸いです。

20141122 追記
なお、最近海外からのSPAMコメントが山のようにつくので、コメント欄は認証制に切り替えました。こんなところにSPAMコメント書いても、意味ないと思うんですけどね…。

大相撲夏場所初日、照ノ富士は万全の白星スタート\(^o^)/

朝からいい天気で、気温もぐんぐん上がって夏日になったという。

午前中、今日が返却期限の本を返して、予約本を受け取るため、図書館へ。先週の大型連休真っ只中の時に比べると、人では少ないかも? とはいえ午前中だったからなぁ。

今日から大相撲夏場所が、とりあえず無観客でスタート。幕下でも幕内でも、取組の景色が変わらないっていうのは、なんか不思議だな…。NHKBSが始まるまで、初めてAbemaTVの中継を見ていたけど、呼び出しや行司のプロフィール紹介がスーパーで表示されてて、へぇ〜!と思った。ただ、頻繁にCMが入るので慣れないうちは「え!?」ってなるけど。新弟子の出世披露は、土俵いっぱいに30人超が並んでいて、壮観だった。あの中に咲十郎さんが混じっても、蹲踞では勝てそうだな、とふと思ったw。協会ご挨拶のあと、照ノ富士と大栄翔の優勝額贈呈があって、お客さんが入っていればなぁ〜と、言うても詮ないことながら。十両筆頭の炎鵬は千代ノ皇に負けちゃった。宇良は東龍に勝って白星スタート。若隆影のお兄ちゃん・若元春は白星スタートだ。照ノ富士の再大関最初の取組は、明生。膝が5〜60%ぐらいというコメントがあったし、立ち合いを嫌って一度立ったので、ちょっと不安…と思ったのは取り越し苦労だった。今日も前に出る相撲で最後は両腕をしっかり抱え込んで極め出し\(^o^)/ 終わってみれば三役全員白星スタートという、いつ以来だよ???という初日の結果に。中継の途中で、場所前の照ノ富士のインタビューがOAされたんだけど、「そんなに長く相撲が取れる体ではないので」とか「いつ何が起こるかわからないので」という言葉にこめられた照ノ富士の決意が伝わってきた。とにかく、悔いの残らないような力士生活を送ってもららえますように、と祈ることしかできないなぁ。コロナ禍じゃなければ、照ノ富士大関復帰のNスペがぐらいあったかもね。そういえば、無観客だからか、NHKの中継でクレーンが使われてて、これがなかなかいい画だった。親方ちゃんねるは、ゲストに早くも鶴竜親方が登場。今日は北の富士さんの日だったので、NHKの生中継が終わってからアーカイブで視聴。言葉遣いが綺麗だし、ファンへのコメントも優しいなぁ。もう1回土俵に上がって欲しかったけど、こういう状況だからねぇ。ちなみに、NHKの解説は中日とのこと。

今日の東京都での新規感染者は、1032人。日曜日でもこの人数ですか…。重傷者も2人増えてるし。明日からどんな検査結果が出てくるのか…😰

お誕生日に、ツボちゃんのおかげで相撲ファンになりました、と空に向かって報告した

朝からいいお天気。

土俵祭のYouTubeライブがあったので、視聴。こういう儀式をみると、土俵っていうのはやっぱり、レスリングやボクシングのリングとは違うし、能舞台や一部の劇場での、舞台開きや開場の時に三番叟を舞うっていうのとも通じるものがあるように感じる。大相撲の改革について、スポーツ的な面から問題点を指摘する方もおられるが、西洋的なスポーツという枠組みで捉えてしまったら、大相撲の魅力や在り方が変わってしまうんじゃないかなぁ?と。もちろん、大相撲が”博物館入り”してしまわないために、変えた方がいいところは変えていった方がいいとは思うけれど。コロナ禍の影響で、触太鼓は街には出ない、と。今日が坪内さんのお誕生日なので、「坪内さんが今いたら、なんていうのかな、この状況を」とつい考えてしまった。いつも東京堂の前で触太鼓を待つのを楽しみにしてらしたもんね。ツボちゃんのおかげですっかり相撲ファンになりました、と勝手に報告したw。そうそう、12日からは観客を入れて本場所を開催すると発表があったのだけれど、上限人数の関係からか、チケットは売り止めになってしまった。あー、やっぱり思い切ってチケット買っておけばよかったかなぁ…。後悔先に立たず😢

午後イチでBSフジの相撲番組を見ながらごはんを食べて、引き続き大相撲どすこい研の再放送も引き続き見る。どすこい研の優勝決定戦、こんな映像も残ってるのか!?というのがあれこれ出てきた。これまでの優勝決定戦での照ノ富士の勝率が…。やはり、本割で決まらないと、ケガの影響が出やすいのかなぁ。

劇場と寄席は、観客上限を守った上で再開することになったけれど、なぜか映画館・美術館はNG。劇場やイベント、スポーツと映画館・美術館の何が違うから休業要請が続くんだか、東京都の担当部署も首を傾げているとのこと。この線引きは、誰がどういう根拠に基づいて決めたんだろう? ちゃんと説明してもらいたい。

夜は、来福レーベルのYouTubeライブで、今年の新真打のライブを視聴。

www.110107.com

結局、柳枝さん以外の方の披露目に行けなかったなぁ…。「手水廻し」㐂三郎、「夏の顔色」和泉、「元犬」宮治、「引っ越しの夢」柳枝。アーカイブが明後日10日(月)の23時59分まで視聴可能だそう。披露目にまつわる白い話・黒い話というトークコーナーも、いろいろ楽しいエピソードが飛び出して楽しかった。明日は、新しい落語ユニット結成トークと題して、こちらの配信もある。


www.youtube.com

今日の東京都での新規感染者は、1121人。あー、やっぱりね…。重症者は2人増えて71人。うーん、また70人超えちゃったか…。

緊急事態宣言延長は決まったけれど歌舞伎座は? そんな中、紀尾井町家話

午前中は曇り、午後になって雨が降り出し、夜遅くに止んだ。

紀尾井町家話、ゲストで橘太郎さんが出演するということで、とても楽しみだったのだけど、なぜこのメンバーなんだ?と思ったら、橘太郎さんと芝翫さんが親しくて、三兄弟も子どもの頃から身近にいて、お役もいろいろ教えてもらったとのこと。なるほど。先代の芝翫さんは、劇団育ちでいらしたから、当代の芝翫さんも子どもの頃から橘太郎さんとは仲が良かったんだろう。橘太郎さんと亡くなった三津之助さんの「うさぎとみの虫事件」をご本人から伺うことができたし、芝翫さんのチャット欄書き込みのおかげで「床下のミッキーマウス事件」もw。きおいちょが橘太郎さんのことを「きっちゃん、きっちゃん」、橘太郎さんがきおいちょのことを「若旦那」って呼ぶのがまたいいなぁ…。「蘭平物狂」で辰之助さんが梯子から落ちた時のこと、丸橋忠弥できおいちょが捕縄の上に飛び降りる型をやった時のこと、羽左衛門さんのこと、「ナウシカ」や「マハーバーラタ」「先代萩」「魚屋宗五郎」「め組」などなどいろいろなお芝居の話が聞けて、楽しかった。橘太郎さん、やっぱりいい役者さんだなぁ。そうそう、菊十郎さんのこともお話ししてくださったな。今月、眞秀くんのお稽古は、橘太郎さんがなさっているそうで、12日に初日が開けられるといいのだけれど。

家話の後は、藤間のご宗家インスタライブ。好きな演目ということで「伽羅先代萩」を取り上げていらして、あれ???なんか最近…と思ったら、そうだ家話で床下の話が出ていたことを思い出した。ご宗家の解説を聞いていると、花水橋から通しで見たいなぁと思うのだけれど、このご時世じゃあ当分無理か…。奥殿からせり上がって床下は外せないからなぁ。上演時間と、役者さんが部をまたいで出演できない今のシステムだと、だめだな。ワクチン接種が国民の70%ぐらい済んだら、通し狂言も見られるようになるのかな? 

今日の東京都での新規感染者は、907人。重症者は3人減って69人。連休明け、いきなり900人台か…。イギリス株の比率がかなり上がってきているという話も。またしても19時に緊急事態宣言延長の発表。どうして、金曜日の夜に、こんな社会的に大きな影響が出ることを発表するかなぁ? 嫌がらせなんじゃないか、とさえ思えてくる。総理の会見の後に都知事の会見が開かれるわけで、国と都の足並みが揃っていないんじゃないか?という事前情報があるから、結局は都知事の発表を待たないと何も判断できないということになるんだよな。Twitterをざっとチェックしてみると、文楽は技芸員さんから「12日からやります」という連絡をもらったという人が。しかし松竹はまだ正式に開けるともなんとも発表がないし、紀尾井町家話でも締めのコメントできおいちょが「まだわかりません」と言っていたので、正式にはまだ発表できないということなんだろうな。東京文化会館東京芸術劇場は開けていいことになったんだから、多分、歌舞伎座も大丈夫だろうとは思うのだが…。そして、寄席はどうなんだろう? 

シブ5時相撲部に翔猿のお兄ちゃんの英乃海登場!

今日は朝から晴れ。図書館の返却期限に1日遅れてしまった資料があるので、予約した資料が届いたというメールも来ていたし、さっさと返して借りてこようと、出かける。平日の人とまだ連休中の人が入り混じった感じ。連休中よりは人が少ないかも? 坂を登って図書館にたどり着いたら、なんと休館。とりあえず返却だけして、すごすごと帰宅。まぁ、明日以降、また行けばいいんだけど。

夕方、今日はシブ5時相撲部だ!と思い出し、リアタイ(録画もしていたんだけど)。照ノ富士のことはちょっと触れただけで、メインは英乃海のリモートインタビューと、元阿夢露関のイワノフ・ニコライさんの取材VTRだった。英乃海は、翔猿のお兄さんだというのを、つい最近知ったのだけれど、ご本人も「もっと翔猿のお兄ちゃんだということを知ってもらいたい」と…。翔猿とは相撲の取り口が違うそうなので、五月場所はお兄ちゃんも注目してみよう。ニコライさんは、今は柏市でジムのトレーナーをしているそうで、日本が大好きと言ってた。膝に大怪我を負って随分苦労したので、いつかお相撲さんのトレーナーにもなりたい、と。こんなご時世でいろいろと大変だと思うけど、お相撲さんのトレーニングやケアをいつかやれるといいな、と思った。で、そうだ、能町さんのTwitterをフォローしてなかった!と思って検索していたら、照ノ富士のアカウントを発見。三月場所で懸賞を出してくれた企業に、お礼の額を贈ったそうで、その企業が写真と一緒にUPしていた。額の中に番付、その上に懸賞金の?金封がレイアウトしてあった。他の力士でもこういうものを贈る人いるのかな???

今日の東京都での新規感染者は、591人。重症者は3人増えて72人。うーん。一見、感染者は減ってるように見えるけれど、検査が相当絞られているので、明日以降の人数が…。そして重症者はじわじわ増えている。結局、緊急事態宣言は今月末まで延長されるようだが、休業要請は見直される可能性があるという。うーん、ただcovid19の治療にあたっているドクターやナースのTweetを見ていると、イギリス型も今までとは比べ物にならない感染力のようなので、これまでクラスターが発生していないから、という理由だけで休業要請をあちこち解除して大丈夫なのかな?という疑問も。何しろ、エビデンスなんてお構いなしで、思いつきのように休業要請や自粛要請を次から次へと場当たり的に出してるだけだからな…。それより休業に対する助成金をきちんと給付して、安心してみんなが休めるようにした方が、結果的には早く回復できることになるんじゃないかな? 市民が納税してるんだから、こういう事態の時は市民に還元するべきなのでは? 憲法改正なんていう大事なことは、この事態が落ち着いてからじっくり議論するべき問題じゃないか。

能町さん、あの一番を1位にしてくれてありがとう\(^o^)/

今日は朝から雨が降ったり止んだりの1日。

昼からNHKラジオで大相撲番組があったので、視聴する。

www4.nhk.or.jp

能町みね子NHKの相撲実況アナの藤井さんと女性アナが今年の初場所、三月場所を振り返ったり、五月場所の展望を語る番組。電話ゲストで安治川親方が登場。照ノ富士の近況を話してくださった\(^o^)/ やっぱり三月場所中に、膝を痛めてたんだなぁ。場所後しばらく稽古ができなかったとのことだけど、番付発表の頃にはいつも通りの稽古をどんどんやっているとのこと。よかった。能町さんが「最初に大関に上がった頃、部屋に稽古を見学に行ったら、大きな小学1年生みたいだったけど、怪我をした後はどうですか?」って安治川親方に質問したら「今は、黙々と稽古に励んでます。でも、土俵を離れると明るいのは変わってないですけど」って。大きな小学1年生みたいって、今の照ノ富士からはあまり想像できないけど、元付人の駿馬さんの話とか、雑誌の記事とかを読んでいたので、なんとなく想像ができるなw。今も、親方ちゃんねるのインタビューなどの時にそういう雰囲気がちょっと出てて、そのギャップがまたいいんだけど。能町さんが選んだ三月場所のとっておきの名勝負の1位が、千穐楽貴景勝-照ノ富士を挙げていて、照ノ富士ファンという見方を離れても、いい取組だったんだなと思うと、嬉しくなった。安治川親方は、今年から早稲田大学大学院のスポーツ科学修士課程でマネージメントやコーチングなどの勉強をしているそう。髷がある学生さんと一緒に勉強するなんて、いいなぁw。

浅草演芸ホール緊急生配信を流しながら夜ごはんの支度をして、食べる。紋之助さんの高座は、ほんといつ見ても元気をもらえるなぁ。扇遊さんは「一目上り」。さすが、扇遊さん!こんなふうに面白い噺だったんだな!!というのを教えてもらった。雲助さんは「後生鰻」「辰巳の辻占」。ヒザのあずみさんもいつものように楽しい。そして主任はきょんきょんこと喬太郎さん。泥棒の小咄をいくつかふって、さて、何に入るのかな???と思ったら「転宅」!。きょんきょんのお菊さん、年増の色気とか向こうっ気の強さとかがちゃんとあるんだけど、きょんきょん演じる女性に共通する独特の空気感もある。いいなぁ。生で聴きたいなぁ…。

今日の東京都での新規感染者は、621人。これ、検査が相当絞られてるらしいので、単純にこの人数を見て喜べないよなぁ。重症者は4人も増えてるし…。札幌では五輪のテストレースが行われた後、蔓延防止重点措置の要請を出したそうだけど、そんなところでやって大丈夫なのかな、ほんとに…。

喬太郎さんの寄席への想い

今日も1日いい天気。

散歩がてらいつものスーパーへ。お供は、昨日、紀尾井町家話と被っちゃったので、ライブで見られなかった「古今亭菊之丞デジタル独演会」1周年記念スペシャル。喬太郎さんがゲストで、トークコーナーで寄席への想いをお二人が語ったって、Twitterでつぶやきが流れてきてたしね。落語二席(「ほうじの茶」菊之丞、「同棲したい」喬太郎)のあと、鈴本の舞台に座って対談。入門する前に客席からいろんな噺家さんや色物さんを見ていた時の思い出をキャッキャと語り合うお二人を見ていると、あー、やっぱり寄席って大事な場所だな、芸人さんにとっても、お客にとっても、って思う。好きな芸人さんばっかり出てくるわけじゃないし、好きな芸人さんも苦手な芸人さんも知らない芸人さんも、持ち時間はほぼ均等で、その中でどうやって主任の高座まで繋いでいくかっていう、そういう空間なんだよなぁ。だから、その流れに身を任せているのは、浮世の憂さを忘れるのにはぴったりなんだよな。のーんびりぬくぬくという日もあれば、どんどん身も心も前のめりになっていく日もあれば。今まで苦手だなぁって思ってた芸人さんが、あれ?!この人、面白い!!って思うこともあるし、もっともっと好きになることもあるし、ね。そういうことを思い出させてくれた喬太郎さん、やっぱりいいよなぁ。ウルトラマンのきもの、ウルトラセブンのきもの、見にいきたいなぁ。頑張ってチケットとろう!と、久しぶりにやる気が湧いてきたw

『大相撲支度部屋』読了。

 床山さんの半生記かな?と思って読み始めたんだけど、それを超えて、大相撲の昭和史っていうか。大相撲が時代の荒波をどう乗り越えてきたのかを、側面から描いている。お相撲に人生を賭けているのは、力士や親方だけじゃない。

今日の東京都での新規感染者は、609人。4日ぶりに前週の同じ曜日を下回るなんて見出しがついてるけど、連休中の検査件数がグッと絞られているからねぇ、すんなり良かったとか思えないなぁ。